優良ファクタリング会社を選ぶためのチェックポイント①~③

ファクタリング会社は玉石混交です。優良な事業者が着々と実績を積み重ねている一方で、悪質・悪徳なファクタリング事業者も残念ながら存在します。

その理由として、ファクタリングを事業として行う際に、貸金業登録などが不要な点があげられるでしょう。
そのため、ヤミ金と呼ばれる無許可・無登録・非合法の事業者の参入を許している状態です。

ここでは、優良ファクタリング会社を選ぶためのチェックポイント①~③を紹介していきます。

チェック①手数料の相場

ファクタリング会社の手数料の相場は、2社間ファクタリングで10%から20%と言われています。3社間ファクタリングはもう少し低めとなり、2%から9%が手数料の相場です。

この数値よりも高めの手数料を提示しているファクタリング会社は、距離を取ったほうが良いかもしれません。特に40%を超える手数料の場合、貸金業登録の有無を確認してください。

チェック②買取額の上限金額

ファクタリング会社ごとに、債権(売掛金)の買取額の上限あるいは下限の金額が異なります。ファクタリングを申し込みたい債権(売掛金)の金額に応じたファクタリング会社を選ぶことも大切な要素です。

チェック③現金化までの日数

ファクタリング会社の選択には、現金化までの日数も忘れてはなりません。

例えば2社間ファクタリングの場合、早ければ申し込みの即日から3営業日後には、買取額が指定した金融機関の口座に入金されます。
3社間ファクタリングはもう少し時間がかかり、10日から20日が目安です。